読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キニヌールのおすすめ「人気ショップ」ならコチラ♪アカチン

人気
数年前、庭木の剪定をしたら、剪定時期が悪かったのか、剪定後のお天気(雨)のせいか、、、庭木の調子が悪くなってしまったので、地元のホムセンで買わなきゃと思いつつ忘れていました。手袋必須ですね。剪定をするとどうしても、1、2センチ枝が枯れこむことがあったので、早速使ってみることにしました。

こちらになります!

2017年01月31日 ランキング上位商品↑

アカチン キニヌール★販売終了★ 樹木のアカチン  キニヌール 50ml ※土と同梱可※

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

容器が塗りにくいそうですが、使用するたびに手につくのもナンですし、良い容器に替わると良いですね。まだ効果のほどは分かりませんが引き続き様子を見てみたいと思います。剪定後に枝枯れが始まって慌てる前に予防に、と思い苗購入と同時に早々に注文しました。これは買って良かったです、キニヌールを塗るとカット後の枝や幹の枯れが少なくなりました。なにも力はいりません。期待してます。商品としてはいいものかもしれないので…追記;前回は中蓋についた液体を塗っただけで終わりましたが!本格的に使用する機会があり!ハケを使うことに。最初は出にくい感じですが刷毛の部分を押し付けると出ます。液がブラシを押し付けてもなかなか出なかったので綿棒で塗りました。主成分は煤煙でキトサンが含まれているとのことです。早速花の終わった幹をカットした後に塗りました。効果はまだ分かりませんが!期待を込めて★4。人や動物に害がないのは安心で良いですね。使いやすいですよ♪。先日の剪定後枯れ込んでしまった枝が何本かあったので、とりあえずその枝で試してみました。商品が届いたばかりなので、効き目の程はまだわかりません。はやくこのような商品をみつけていれば…。液が出る口には中から圧力がかかると閉まる栓があり塗りたい部分に押し当て塗らないと液が出ない仕組みです。これで自然とキャップ内に液体が下りてきます。今後バラの剪定後は必ずキニヌールを塗り!効き目や経過をチェックしていこうと思います。 最初中蓋を開けて押しつけると簡単にでるのですね(笑)。ちなみに出しにくいという感想が多いようですが誤って中身が出ない構造になっているようで切り口に押しつけながらボトルを押すとすっと塗れます。でしたが、病気にならないために使ってみようと購入しました。皆様のレビューから液体が出てこないことを知っていたので!2〜3分容器を逆さまにして置いておきました。今まで!枝を切ったあとは何もせず。簡単に使えるので、これだけでいいの?という感じで、冬の剪定に大活躍しそうです。金額合わせといずれ冬の剪定時に癒合剤が必要なので評価が良かったこの商品を購入してみました。刷毛の部分をギュッといらない紙か何かに押しつけてから使うと!たっぷりと液がでてきます。最初!中々液が出てこないので焦りました。初めは使い方がイマイチわからず四苦八苦しましたが、コツを心得たらとても楽に使えました。容器を逆にして2〜3分置いておきましょう!これでストレス知らずのようです!昨年は剪定したところから、枯れた枝が何本もでてしまいました。最初は選定後の切り口に塗っていたのですが、アーチのピエールドロンサールが癌腫病になっていたので、盛り上がっているところ全体にぶっかけて、残りもすべて根元にかけたら、次の年から新しいシュートが3本ぐらい出て、元気回復し、見事な花を咲かせています。蓋を開けるとわずかに書道で使う墨汁の香りが!真っ黒でドロリとした液体で切り口にグイグイと押し付けるようにして塗り付け。。乾かないうちに水に濡れたら塗った液体が溶けて!周りが黒くなってしまいました。今は、花が終わった後に、切り口につけています。冬まで待てなかったので花がら切りの時、深く剪定した枝に使ってみました。出づらいとのことですが!私は簡単にでたので!参考まで。刷毛の部分が多少硬く!当初は上手く塗れなかったのですがコツさえ掴めば使いやすくて液だれしないからお気に入りです。何時もは園芸用の癒合剤を使っていたのですが枯れる時は枯れるので!今度はこれを使ってみる事にしました。元気になると良いのですが…。。効果のほどはまだ分かりません。簡単なハケが付いているのでこれだけで塗れるからヘラとかを持ち歩かなくても良いです。結果は使ったばかりで、まだどうなるのか分かりませんが。 これでもう剪定後の枝の悩みとはサヨナラできそうです!長い目でみたらとても安い買い物だったと思っています。バラ以外の木にも活用しようと思います。ハケの先端まで液体は染みてませんでしたが、ハケを枝に押し付けると、自然とハケの先端まで液体が染みてきます。切り口保護剤では他にカルスメイトを知っていますが!それよりか良いと思います。確かに墨のように真っ黒な液体で!キャップの先についている小さな刷毛で塗ります。今年は真剣にバラと向き合いなおすことにしたせいか、花つきがとてもいいです。手に付いても石鹸で洗うと簡単に落ちました。どうしても最初の一滴がドバッっとでて!手が真っ黒になるのでマイナス1にしました。超アレルギー体質なので、強い薬品を使うのが怖くて、試したのですが、その成果に、びっくりしました。最初は力を入れて押し、先の部分に少し黒い液がみえたら、はけ部分を塗る枝に、左右にぐにぐにっと押し付けると、中の空気が一気に出たらしく、黒い液が勢い良くおりてきて、すぐ塗る事が出来ました。手に付いてしまいましたが!簡単に石鹸で落とす事ができました。このまま、順調にいけるといいですけど・・・。枯れた枝を付け根部分から切除し、切り口にキニヌールを塗ってみました。野良猫に枝を一本折られ、(棘に猫の毛が一杯でした;)初回だったので中蓋についた液体で十分、と塗り付けたのはいいのですが、なにしろ手が汚れる!墨汁と同じで、水で洗い流そうとするとびっくりするほど広がり、石鹸で洗ってもお風呂に入っても皮膚が黒いまま。こちらのショップでバラや土よりも一番気になってたモノのです^^;剪定後に1、2本は枯れこんでしまうので購入してみました。バラの家さんでも取り扱っていたので、送料無料に合わせてやっとの購入です。