読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマタノオロチの評判!ヤマトタ

日本人なら、心のどこかで覚えておいてほしいと思い、子供に毎晩、すこしずつ読み聞かせています。…神様の名前ムズカシイですね。寝る前の本に何か良い本がないかなぁと思い、こちらを見つけました。

こちらになります!

2017年04月30日 ランキング上位商品↑

ヤマタノオロチ ヤマトタ心をそだてる松谷みよ子の日本の神話 国生み ヤマタノオロチ いなばの白うさぎ ヤマトタ [ 松谷みよ子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

毎日少しずつ読んでいますが、正直少し難しいところもありますが、楽しいみたいです。自分自身の向上しかり子供の為に読んでみて損はないです。ですが!まだ途中までしか読み終わってません。図書館で2週間借りてから買おうと思いました。一話完結ごとに用語の説明や現在地の解説が入っているので子供の質問に自信持って対応出来ると思います(笑)…で、結局自分一人で楽しんでます。最近新聞で取り上げられているのを見て購入しました。この本の内容は一話一話が完結ですが、日本の誕生から始まり、神様の系譜にしたがって順番に物語を並べてくれているので(聖書みたいですね)この神様の甥っ子がこの神様で…といった感じで登場人物の繋がりが大変分かりやすく、面白かったです。神話を継承していく重要性を感じさせられました。いつか、子どもにも読んであげたいし、自分で読むようになってほしいなあ。松谷みよ子さんありがとう。大人が読んでもとても楽しくためになります。神話について、とても分かりやすく書かれており、絵も親しみやすく、おすすめの一冊です。仕事柄やはり読まなくては(勉強しなくては)いけないと思っていたことと、子供に内容を教えたかったので少々高価でしたがポイント(ポイント最高!)を使って購入しました。6歳の年長の娘に買いました。日本の神話って有名なもの(ヤマトタケル因幡の白兎など)しか知らなかったんですが!これらの物語がどう繋がっているかなんて全く知りませんでした。日本の神話にあまりなじみが無い子供の為にやはり日本人ですから、これくらいの話は一度は読んでほしいと思い購入しました。神様の名前は聞きなれないものばかりですがとても気に入ったようです。神様の名前が漢字ではなくカタカナで書かれているのが!思ったより読みやすくすんなり入ってきました。自分が理解してから子供が寝るときにかいつまんで話してあげようかなあと思っています。なかなか日本の神話で子供にもわかりやすく書いたものがなかったので、このような本があってよかったです。。内容はメジャーな話をうまく盛り込んであり知っていてこの先も無駄にならない話がまとまっています。大人向けで読みやすいのは「読み出したら止まらない古事記」の方かなと思います。こういう本を求めていました。神様が、とても身近に感じられました。こどもはまだ小さいので!もっぱら自分で読んで楽しんでいまいます。大抵の昔話を知っている娘が知らない昔話を読みたがったので購入。。解説つきなので説明しやすいですし、自分も勉強になります。。あれから20年くらいたってるのに!また夢中になれる本を書いてくれて本当にうれしいです。古代史好きの私にとって記紀神話はすごいなじみのあるものなんですが!子どもにもわかりやすい本があればいいのにとずっと思っていました。古事記原文を読むとすぐに眠くなってしまいますがこの本は読みやすいし、絵も美しく、5歳の娘も読んで欲しいとせがんできます。ある程度、神様の名前など、知っていましたが、あやふやで。私の間もなく4歳になる娘に何かを今から伝えてあげないといけないのでは、と思う事があり購入しました。わかりづらい言葉も!ページの端に解説がのっていて!大人も参考になります。。そして小学生に入ったら自分で読む気になると良いなあと期待しています。案外文字数が多く!まだ小さい子供には読み終えるまでの時間と内容が高度かなと思いましたが!言葉の解説もあり分かりやすいので!長い目で大人も子供も日本の文化を知る上でもとても良い本だと思えました。新聞の夕刊に掲載されていた記事でこの本を知り!子供の頃こんな感じの本を読んだ事を思い出し!また読みたくなったので購入しました。じいじ!ばあば世代ならみんなあたりまえのように知っているのに。日本文学や日本語の勉強をずっとしていましたが、学校で日本の神話を勉強する機会がなかなかありませんでした。神話はあまり覚えていなくて!これなら持っていても子供のためにも良いと思い手元に置くことにしました。文字が少し多めなので幼稚園くらいの小さなお子さんにはちょっと難しいかもしれませんが、小学生低学年くらいなら読み聞かせで十分対応できるかな?という印象でした。「心をそだてる」とあるだけに子供さん居られる方にはとてもお奨めな本です。。本が大好きで!毎週図書館に通っています。小学3年生ですが、1週間ほどで読んだようで、面白かったと言ってました。子どものころ図書室にあった「松谷みよこのむかしむかし」の10巻に載っている怖い話を何度も読んでたんですが、松谷みよ子さんの本を読むのはそれ以来です。巻末に、神様の名前、国つ神、天つ神などの分類や神様の関係図なども載っていてよかったです。いい本ですね。 難点は神様の名前がカタカナで書かれていることですね。前々から気に成っていて、とりあえず子供ではなく自分用に買ってしまいました。改めて読むと、忘れていたり改めて知ったりもあって面白かったです。解説で神話に出てきた場所や神社が紹介されていますので!いつか子供と行ってみたくなりました。学校では教えない日本の神話。日本の神話が!わかりやすく書かれています。娘が産まれたので、読み聞かせ…というよりは、自分でもちゃんと知って教えられるように買いました。本屋さんで見ていたので内容は把握して購入しました。興味を持って聞いてくれます。挿絵は親が説明しないと子供には理解し難いかもしれませんが字は大きめで読み易いですよ。有名な話は押さえてあるので、これを読めば記紀が元ネタのファンタジーとか読んでもさらに深く楽しめると思います。思ったよりも本が大きかったのと!中がフルカラーなのも良いです。漢字表記でルビがふってある方が!読みやすいし漢字からどんな神様かイメージできるのではと思いました。大きくてやさしい挿絵なので子供の想像力もつきそうです。